低用量ピルとアフターピルの違い/効果と副作用を知ろう

たくさんの薬

低用量ピルの効果

低用量ピルは毎日服用し続けることで徐々に避妊効果を高めていく避妊薬です。避妊に対してだけではなく、生理痛や生理不順、ニキビの解消にも効果的です。飲み忘れに注意しながら正しく避妊しましょう。

オレンジの薬

アフターピルの効果

アフターピルは事後の服用で高い避妊効果を発揮してくれるため、いざという時に役立ちます。しかし、だからといって最初からアフターピルに頼るのはやめておきましょう。あくまでも「緊急避妊薬」なのです。

数種類の薬

コンテンツ一覧

「低用量ピルとアフターピルの違い/効果と副作用を知ろう」のコンテンツ一覧です。

避妊薬を使った避妊

コップと薬

避妊をしながら性行為を楽しむ場合、男性側がコンドームを着用して避妊しているケースが多いのではないでしょうか。
コンドームは昔から優れた避妊具として愛用している人が多く、その避妊率もかなり高くなっています。
正しく着用すれば、ほぼ100%妊娠を防いでくれると言われているくらいです。
ただ、誤った方法で使い続けている人も多く、このことが原因で避妊を失敗してしまうケースも少なくありません。
また、どれだけ正しく使用していても、使用途中に破損してしまえば避妊具としての役割は果たさなくなってしまいます。

そんな中、より高い避妊効果を持った避妊具として注目されるようになったのが、低用量ピルとアフターピルです。
これらは避妊薬として開発され、女性が服用することで高い避妊効果を発揮してくれます。
コンドームと違って男性の意思に関係なく避妊することができますし、体内から有効成分を吸収できるので、コンドームのように使用途中に失敗してしまうということがありません。
残念ながら低用量ピルもアフターピルも避妊率100%とは言えませんが、限りなく100%に近い確率で避妊してくれるのでオススメです。

最近ではこれらの避妊薬を服用する女性が増えていますが、それでもまだ避妊薬を危険な薬だと思い込んでいる女性も少なくありません。
そこで、今回は低用量ピルとアフターピルの効果・副作用について紹介していきたいと思います。
意図しない妊娠は心身への負担がかなり大きなものになってしまいますので、避妊薬を使ってしっかり避妊しましょう。